PageTop

演じる楽しさ!君もロックスターだ! Paper Jamz

FLAKWORKSの取締役/デザイナーの河合 a.k.a.べじです。
知ってる人、こんにちは。
知らない人、はじめまして!

イオンモール京都にトイザらス&ベビーザらスがやってきた!
おもちゃ大好きな僕にとっては、ほんとにうれしいニュース。

トイザらス、今年で日本進出20周年だそうです。
amazon.co.jp で「おもちゃ&ホビー」ストアが、2004年に始まって以来、
ヨドや、ビックの家電量販店のおもちゃ売り場以外のいわゆる「おもちゃ屋」に行く機会も
めっきり減ってしまった僕ですが、
トイザらス、IKEA、THE CONRAN SHOP、Costcoは、
実店舗に足を踏み入れたときに感じる独特の高揚感みたいなものがあって、ホント大好き。
なんだろ、外資系の大型ショップのあの感じ。

さてその京都イオンモールのトイザらス、オープン翌日の7月23日に、
乗るしかない!このビックウェーブに!と息子2人を連れ立って突撃してきました。

まずはぶらぶらと店内を物色。
売り場STAFFの新人っぽい感じがオープンしたてのお店の雰囲気をさらに煽ってます。ワクテカ!
他店では売り切れの商品もオープンに合わせて確保してあったりして更にいい感じ。
オープン記念セールで色々と安くなっていたのですが、
なんと、米国の玩具メーカーWowWeeの、紙でできた楽器シリーズPaper Jamzが驚きのプライスで売ってるじゃないか!
ギター、ドラムがそれぞれが1,499円でも安いのに、セットで買うと1,977円!なんだこれ、激安だー!

フラックワークスでも昔、これを演奏している動画をYOUTUBEを見て盛り上がったことがあったんですが、
当時はたしか海外通販っぽいのでしか買えなくて、それとトイザらスで出会えるなんてファビュラスマックス!!!

Paper Jamzとは
厚さ約2cm、重さ約450gのコンパクトなギターで、本物のエレクトリックギターを彷彿とさせるデザインです。
ディープパープルやステッペンウルフなどの世界的に有名な人気ミュージシャンのヒット曲を、1本に3曲内蔵し、
これらの曲にあわせて演奏したり、自分の好きな曲を自由に演奏したりと、
お子様から、楽しいギターで気軽に
セッションを楽しみたい大人まで、幅広い世代の方にお使いいただけます。

INSTANT ROCKSTARのコピーの通り、なにも考えずジャーンってやれば鳴るんです。
マジで一回プレイしてみてください。たのしぃーー!ってなります。

ドラムもあり、対応するギターと同じ曲が3曲収録されてて、曲に合わせることはもちろん、
フリースタイルでギターとのセッションが楽しめます。
な、な、なんとツインベダルでカウベルも完備です!

まさにペーパージャムセッションなんです。もうファビュラス楽しい!
楽器を演奏するあのドライブ感のみを、只々無邪気に体験できる素敵なおもちゃです。

App Storeでも楽器系のアプリをついつい買ってしまうのですが、
やっぱりデバイスがそのものズバリの形をしてるだけでなりきり度が全然違います。
それが「エアギター」や「コスプレ」や「演劇」や、そして「RPG」なんかであっても、
人は何かになりきる時、自我や自己から一時解放されて、
その瞬間なんらかの脳内物質がドバーっと分泌されるんだと思います。
脳内物質全開で、今日から君もロックスターだ!なこのおもちゃ、
値段も手頃だしちょっとしたプレゼントなんかにもいいんじゃないでしょうか?

ギターは迷わずフライングVタイプを。
そしてドラムは収録曲が同じモノを選択し、
いまいち使い道がわからないダンボール箱然としたアンプは、マーシャルっぽいこいつをチョイス!

それぞれ楽しいのですが、一番のヒットはこのアンプでした。
ダンボール箱なんだけど、このダンボール紙がいい感じに振動してすごいイイ音でビックリ!
しかも付属のケーブルでiphoneやPCにも繋げられるスグレもの!
BBQやビーチなんかで音楽をかけるのにピッタリ!
スピーカーの左下を見ると『nxt』の文字が。
元々は軍事用のNXT(New Transducers Limited)という技術が使われているらしく、
ドライバーの振動をボディーの段ボール全体に伝えて鳴る仕組みだそうで、
1,499円なんだけど、すごいコスパが高い!
単4電池4本使用なんですが、このスピーカー用にエネループを買おう!
そんな気にさせちゃうとっても素晴らしいスピーカーでした。

ビックカメラ、イオンモール、トイザらスと
ここ最近の、京都駅周辺の熱量はほんとうにヤバイ!
京都は遊ぶところが(まぁパラパラと点在してはいますが)四条周辺ほぼ一択だったので
東京の新宿と渋谷、大阪の北と南、京都は京都駅と四条!みたいな感じになればいいなぁ。

この夏は、Paper Jamz。買うしかないです!今すぐプレイ!今晩プレイだ!

ここで、告知を。
僕たちは、自分たちが所属しているFLAKWORKSを人に説明するとき、よくバンドに例えます。
それは、ひとりひとりの個性や能力がダイレクトに組織に反映される、そんなバンドみたいな集団でいたいから。
FLAKWORKSでは、現在メンバーを募集しています
パートは、FLASHディベロッパー!
FLASHだけでなくテクニカルディレクター的な立ち回りができるスペシャリストが理想です。
新たな仲間が加わることで、僕たちFLAKはどんどん変化を続けます。
ビビっと来たあなたのご応募を心よりお待ちしています。

Related posts:
TAG:
,
  • 048/110

PAGE TOP