PageTop

気をつけなはれや!

FLAKWORKSの取締役/デザイナーの河合 a.k.a.べじです。
知ってる人、こんにちは。
知らない人、はじめまして!

WIRED創刊。
お帰りなさいWIRED。一度休刊しているので再創刊ですね。

昔、日本版WIREDはそれはそれはクールでいかした雑誌でした。
カバンにWIREDかi -D.もしくはスタジオボイスあたりを忍ばせとけばそれだけでモテました。ウソですけど。
モテはしなかったけどカッコよかったです。
たしか横書きで、閉じも逆だったような。

今となっては雑誌の休刊なんて珍しくないのですが、
1998年当時、早すぎるWIREDの休刊はちょっとした事件だったように記憶しています。
なんとなくクールな撤退で、雑誌とかヤバイんだよー。紙媒体とかもーなくなるんだよー。
オレたち先いっとくから乗り遅れんなよー。みたいな空気が漂ったとか漂わなかったかとか。
でも、実際電子書籍の「自炊』なんて言い出したのやっと最近のコトですしね。

あのとき思っていたよりゆっくり世界は動いてるようです。

「PlayStation®Store(プレイステーション ストア)」も再開し、
「感謝とおわびのパッケージ」もダウンロードしたとこだし、
タカダのこのエントリーに個人情報とプライバシーについて考えてみるいい機会じゃないか
みたいなコト書いていたので考えてみたyp!

個人情報ってなんやねん!漏れたり保護されたり流出したり!
昔々、自転車を買うと前輪の泥よけになぜが達筆のチャリ屋のオヤジの手により
氏名、住所、電話番号までもがバッチリ記入されてました。
中学の卒業アルバムには電話番号が書いてあり、
友達の家でアルバムを見ながら、互いに出身中学の可愛い女の子を紹介しあう、みたいな事もしていました。
電話して「卒アル見たんだけどー」といえば通じてました。
なんで家の電話番号知ってるの!みないなことはいっさいなく。
とにかく漏れるとかそういう次元ではなかったですね。
だからデジタルネイティブな人たちとはちょっと感覚は違うのかもしれない。

個人情報とプライバシーについての定義。wikiってすばらしい。
wikiによると、

プライバシーと個人情報は重なり合っている部分もあるが、異なる概念である。
例えば、封書の表面の宛名や発信者の情報が個人情報であり、封書の中身がプライバシー情報だ、と考えるとわかりやすい。

わかりやっす!すごいな!なんやコレ。ほんとわかりやすい。
封筒の中身はいやだな。手紙に「世界で一番君が好き」とか書いてるかもしれないし。
だからソニーから「漏れた!ゴメン」って言われても「えーそうなのー、気つけてやー」な感じ。
でも君の手紙がアップされるよ!っていわれると
「ちょっともおおおおお!なにしてくれとんねん!!色んな意味でー」ってなるね。絶対。

つまり僕にとって個人情報に紐付いているプライバシーが大事な訳で
個人情報を取扱う側はそれに紐付くプライバシーが侵され悪用される可能性があるので取扱いはに十分注意してよね。
ってことだと思うのです。まぁそれについては、それでご飯を食べてる人もいるので色々あるのでしょう。

原文も見当たらなく、見たところでニュアンスとかわかんないんであれですが、
タカダのエントリーによると
Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグは、

インターネットではプライバシーは「社会規範」ではなくなってきている。
うんでもって、
ユーザーは情報を進んで公開するようになっており、「社会規範」は変化している

なんていってるそうですが、
そんなプライバシーや情報は公開するぜってことを個人がチョイスしたプライバシーであって、
それは自己演出された情報。
プライバシーが過去の遺物だなんて考え、
どうかしてるぜ!
保護するべきはそんな情報ではなく、『世界で一番君が好き』って書いてあるかもしれない
僕の秘密の手紙の中身だったりする訳で
現状の『限りなく透明なソーシャル時代』なんてキャッチーではあるけど白々しいなぁというのが
ホットでクローズな僕の意見。
ソーシャルパーシャルなんていってるけど、
小学校の時に卒業間近なると回ってきたあの謎のサイン帳なるもの(プロフィール帳ともいう?)の延長でしかない。
もちろん、繋がっている、クラウドにあるという二点だけでそのものの価値をガラっと変えてしまうし、
特定の個人を識別できる情報が透明化していくことによるメリットデメリットはそれぞれあり
考えていくべき大切なコトではあるけれども。

新しいモノが登場すると、キャ!なに!おもしろそう!ワクテカ!って気持ちと同時に、
未来は変わるよー。もう変化は目の前まで来てるよー。オレたち先いっとくから乗り遅れんなよー。
みたいな空気が漂って、焦ったり焦らされたり怒ったり怒られたりするんだけど
それはきっと人は取り残されちゃったりするのがちょっと怖いだけで
やっぱり想像するよりずっとずっとゆっくり世界は動いているんで
自分のペースや生き方を急に変えなくていいんだと思います。

ただ購買履歴や位置情報なんかが蓄積されてると思うとコワイですね。色んな意味で!
気をつけなはれや!

大事な人と分かち合ってこそ輝くプライバシー。
この週末は誰にも知らせず大事な人と過ごして、プライバシーをエンジョイしちゃいなよ!

Related posts:
TAG:
, ,
  • 042/109

PAGE TOP