PageTop

Monthly Archives: July 2014

  • 京都音楽博覧会2014 in 梅小路公園

    京都音楽博覧会2014 in 梅小路公園

    京都音楽博覧会2014 in 梅小路公園のWebサイト制作をお手伝いいたしました。

    京都音楽博覧会は、2007年より京都府の梅小路公園で毎年開催されている音楽フェスティバルです。
    京都出身のロックバンド、くるりが主催しており、今年で8回目の開催となります。

    NSSGRAPHICAの町田さんにお声がけいただき、
    フラックでは実装を担当させていただきました。

    Design/Direction:町田宗弘 (NSSGRAPHICA)
    Develop:中野紘子 (FLAKWORKS inc.)

    京都音楽博覧会のWebサイトはこちら

    Related posts:
    TAG:
    , ,
  • HDMIサイネージシステム

    01signage
    業務用音響及び映像機器の販売、設計、施工会社のワタナベ楽器店さまとの協業で行っている、
    ハード&ソフトのワンストップサービスプロジェクトの一環として、
    既存のTVやサイネージパネルを利用して、画像や動画データの表示・配信管理を行うシステムの開発を行いました。
    HDMIの入力があるモニタであれば、無線LAN環境があるだけで手軽にデジタルサイネージを導入することが可能です。

    03signage
    今回システムのフロント側に利用したのはUSBメモリのような形状のAndroid端末で、
    表示用のアプリをインストールしています。
     

    02signage
    表示の管理はPCやタブレット、スマートフォンなどの端末から、
    Webのバックエンドシステムにログインして行います。
    写真は実験時に弊社の会議室のTVにPC用の壁紙をダウンロードして表示したものです。
    バックエンド操作の雰囲気が伝わるでしょうか。
     

    04signage_chart
    05signage_ merit
    本システムはクラウド上のバックエンドシステムのアップデートにより、
    様々な機能を付与していくことができる設計になっており、カスタマイズにも柔軟に対応することが可能です。

    Related posts:
    TAG:
    , , ,
  • サウンドフェスタ2014に出展しました!!

    sf201402

    FLAKWORKS プロデューサーの菱田です。

    FLAKWORKSとしては初めての、展示会に出展という試みをしました!
    といってもIT系の展示会ではないです。
    出展した展示会は「サウンドフェスタ2014」です。

    「サウンドフェスタ2014」とは?

    関西最大の業務用音響・映像機器のイベントです。
    国内外のメーカーが約100社が集って機器展示・セミナー・試聴会などを開催。
    機器を見て・聴いて・触れる イベントです。
    今年で20回目となります。
    業界ではかなり熱いイベントです!

    http://www.sound-festa.com/

    で、なに出展したの?
    もちろん!僕たちが制作したデジタルコンテンツをデモンストレーションしました。
    「動体検知を利用したデジタル展示ソフト」と「インターネットを利用したデジタルサイネージ配信システム」

    sf2014_01

    出展の意図としては、
    業務用音響及び映像機器の販売、設計、施工会社の
    ワタナベ楽器店さま(http://watanabe-mi.jp/)との協業で、
    そこに弊社の制作技術をプラスして、ハードとソフトの両面から設備系のデジタルソリューションを
    ワンストップで提供できる事をブースでPRしました。

    大変だったけど、やっぱりニーズを実感できるイベント現場は楽しい!
    ハードがあるところには、必ずソフト(コンテンツ)があって、
    僕たちがちょっとだけ「楽しい」や「便利」をプラスしてユーザーにワンストップで
    届ける事ができれば、もっと色々な人達がコンテンツに触れる事ができてハッピーになるなと実感しました。
    有意義な展示会の参加となりました。

    sf2014_04

    ご協力いただいたワタナベ楽器店のスタッフの皆さま、
    ご来場いただきブースに立ち寄っていただいたお客さま、
    ありがとうございました!

    ※実際にデモを行ったコンテンツの詳細は後日「WORKS」で紹介させていただきます。

    Related posts:
    TAG:
  • PREV
  • 001/001
  • NEXT

PAGE TOP